サウジアラビアとアラブ首長国連邦が共同暗号通貨を承認

サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAB)

の中央銀行は、新しい暗号通貨をテストする

ために協力した。

サウジアラビア通貨局(SAMA)とアラブ

首長国連邦中央銀行が本日発表した共同

声明の中で以下のことを確認した。

概念実証では、両国がデジタル通貨である

Aberが送金費用を削減するためにこの技

術を利用できるかどうかを確認する。

声明によるとプロジェクトは、二国間の

ブロックチェーンベースの金融決済が、

実行可能であるかどうかを探るとのこと。

また、ブロックチェーンシステムが国内の

支払いのための追加の準備金として役立

つことができるかどうか調べようとしてい

る。このプロジェクトでは最初、関連す

技術に焦点を合わせ、Aberの使用は各国

一定数の銀行に制限される。

プロジェクトが首尾よく完了したならば、

各国が将来のための経済的で法的な要求

を考慮する。

 

この新しいプロジェクトは、国際決済銀行 

(BIS)による世界中の国々が独自の

暗号通貨を作成することに熱心である

可能性があるという最近の報告を反映して

いることが明らかになっている。

[引用 TNW