英国人の20%はビットコインを避けては通れないものと見なしている

英国人の大半はビットコインを知っている

11月7日、グローバルデータ・リサーチ会社はビットコインに

関する英国人の調査結果を具体的に発表した。

この調査でわかったのは、他の暗号通貨についてはほとんど

知らないが、調査対象者の93%はビットコインを知っていた。

ビットコインが何であるかを知っていた人のうち、

わずか4%(20人中1人程度)がビットコインを非常によく

理解していると主張していた。意外なことに、

ビットコインコミュニティと人口の大規模な調査によると、

若者はビットコインを理解すると主張する可能性が非常に高かった。

若い英国人はビットコインを理解していると主張する

55歳以上の6人に1人だけが、ビットコインをかなりよく

理解していると主張していた。

投票した全男性の6%がビットコインに投資し、

投票した全女性の1%がビットコインを購入した。

このグループの人々は主に18-24歳だった。

デジタル通貨の時代は、若い成人の投資家が多い傾向。

例えば米国では、株式を所有する可能性が

最も高いのは70歳以上である。

[引用 CCN